自然と文化 豊かな環境に育まれる街

原風景の広がる
見沼たんぼ

見沼たんぼは、東京都心から20~30km圏内に位置しており、約1260haという広大な面積を持つ、首都近郊における貴重な大規模緑地空間です。
さいたま新都心駅や大宮駅などの主要駅から2~3kmという近さにありながら、たんぼや畑、雑木林、河川や見沼代用水によってつくられる田園風景と、 生きものを育む豊かな自然が現在も残されています。
この地域の歴史はとても古く、独特の文化・伝統が継承されていることも特徴の一つです。首都近郊において、美しい風景と古い歴史を残し、様々な見所がある見沼たんぼは、多くの人を魅了し、親しまれています。
(見沼たんぼのホームページより引用)

運営スタッフから一言

見沼たんぼでは、米、里芋、植木、果物などの農産物が栽培されていて、フルーツ狩りや野菜収穫が体験できる農園が数多くあります。
急速に進む都市化や農業人口の減少のなかで頑張る農家の方々を、応援していきたいですね!
今後の農業に関する特集もお楽しみに!

復活した無形民族文化財
南部領辻の獅子舞

永い歴史を持ち、昭和33年3月3日には埼玉県の無形民族文化財に指定された南部領辻の獅子舞。
昭和44年5月を最後に幕を閉じましたが、復活を望む声が多く平成11年に「辻の獅子舞保存会」が組織され、翌年の10月15日に30年ぶりに復活し、鷲神社での奉納の舞いが行われました。鷲神社の拝殿前の庭で、四隅に竹を立てた二間四方の注連縄を張った中で舞いは行われます。
女獅子、中獅子、太夫の順に舞い、「竜頭(りゅうず)の舞」という別名のように、竜が天を舞うように、また地を這うように、華麗で激しく、勇壮な舞いは必見です。

年間行事

  • ・5/15に近い日曜日 鷲神社奉納と村祈祷(村回り)
  • ・10/15に近い日曜日 鷲神社奉納

鷲神社 埼玉県さいたま市緑区南部領辻2914

大宮駅からバス 浦和美園行き:野田小前下車 徒歩5分
東川口駅からバス さいたま東営業所行き:野田小前下 徒歩5分
浦和・東浦和駅からバス さいたま東営業所行き:総持院 下車5分

運営スタッフから一言

この街の伝統的な獅子舞が30年の時を経て復活しました!
普通の獅子舞とは違う、ここでしか見られない華麗で激しい舞いは必見です!10月15日は鷲神社にGO!!

見沼自然公園
さぎ山記念公園

東京ドームの2.3倍の109,200㎡の敷地面積をもち、小さな島のある睡蓮の花の咲く池、ゲートボール場のほか、広い芝生広場には見沼代用水路を作った井沢弥惣兵衛為永の功績を称える銅像が建っています。
見沼たんぼの湿地を生かした自然観察園にはウッドデッキが設置してあり、自然を楽しみながらの散策や、水生植物やホタル・トンボなどを観察できます。
隣接する「さぎ山記念公園」は250年の歴史を持つ、サギの集団営巣地だった「野田のさぎ山」を記念して作られた公園です。
釣りができる修景池、藤棚、アスレチック遊具、野外活動センター(キャンプ場)があり、人と自然との触れ合いの場として多くの人々に親しまれてます。
広大な芝生広場でピクニックをしたり、水生植物や水鳥など水辺の生き物をじっくり観察したりして過ごせば、何か面白い発見があるかも?

運営スタッフから一言

かつてサギの繁殖地として国の特別天然記念物の指定を受けていた場所に作られたのが、この公園です。休日には広い芝生で思い切り遊んだり、BBQもお花見もできるスポットが、浦和美園駅から車ですぐの場所に!最高の癒やしスポットです♡

PAGE TOP